スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷のトリとルビーの実

2012年01月11日
【2012.1.11】すくすく

現在のうちの最年少、ラピスは今日も元気に育っています。
今日も朝から木陰でぱたぱた。

「ラピスさん、出かけますよ~」
「はーい、ママ」

巣からピンクちゃんが呼んでいるようです。


2012y01m09d_225824581.jpg
「あら、いい香り! これは春の新作フレグランスに使えそうね」

ピンクちゃんの職場にやってきたラピス。
周りにはきれいなお花がいっぱい。
特に、赤いヒイラギの実は、まるで宝石のルビーのようです。
大粒のヒイラギの実をとってもらったラピスは、
うれしくなって目を輝かせました。


2012y01m09d_225640041.jpg
(うわあ、これはもっとキラキラしてる。おうちに持って帰れないかな?)

ヒイラギの森の奥で、大きな氷の彫像を見つけたラピス。
ちょっと無謀なことを考えて、首をかしげます。
そこに、仕事を終えたピンクちゃんがむかえにきました。

「ラピスさん、帰りますよー」
「ママ、このキラキラのトリさん、パパにも見せてあげたいの!」
「まぁ、それは良い考えね。パパもきっと喜ぶわ」


2012y01m11d_091251820.jpg
「パパー!! これ、ルビーなの。おみやげなの!」
「はぁ?」
「氷のトリさんは、おもすぎて持ち帰れなかったの……。
 ママが、ひとりで持ち上げられたら、持って帰っていいっていうから、がんばったんだけど」
(…………なんの話だ??)

さっぱり、話の見えないラトナです。
このあと、ピンクちゃんに目配せされて、渋々ラピスの頭をなでてやりました。






ラトナも小さい頃は年上(曾祖父母・祖父母・父母限定)に懐っこいタイプでしたが
過分に計算が混じっての猫かぶり的な態度だったため、
比較的年齢が近い親族(レオ・デュオ・グィちゃんあたり)には本性出してました。
元来、プライドが高くてわがままなんだよねー。

その点、息子のラピスは裏表なく、純粋にぽわぽわしてるので
調子を崩されるみたいです。

でも、敵を作りやすい反面、惹きつけられる部分も多いわけで。
アポロなんかは、好きだと思いますね。一番歳の近い、兄貴的な存在だし。
エレボスちゃんとも意外と気が合うかな。あんまり細かいこと気にしない性格だから。

結局、最強なのはラピスということですね!
これからもその天使ちゃんな感じのまま、成長していってほしいものですv
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。