スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪国vs南国

2012年01月06日
【2011.1.2】とまどい

ラトナ 「……なんでついてくるんだ?(汗)」
ラピス 「ばぶ?」
ラトナ 「ママのところに戻ってろよ」
ラピス 「ばぶー!」

新婚早々にパパになったラトナ、まだ自分が父親になったという実感が持てていないようです。
ラトナの性格からいって、自分がこんなに早く結婚するとは思っていなかったっぽいしね。
でもまあ、好きになっちゃったら仕方ない。
ラピスとは、兄弟みたいな親子です。

一方、ラピスはパパのことが大好き。もちろん、ママのことも好き。
あのちっちゃいトサカとラブリーなピンク色ではどう考えても体育会系ではないよな。
というわけで、ラピスは色白で華奢でほわーっとした感じのイメージです。
ちょっと不思議ちゃん。天使のような笑顔が可愛い。
容姿は父ラトナに瓜二つで、髪の色だけ祖父似のプラチナピンク。
祖父母は父方母方ともにすでに亡くなっているのでちょっと寂しいのですが
その分、群れの皆に可愛がられて育つのでしょう。
ピンクちゃんは良いママになると思うなー。
ラトナは役に立ちそうにないし……
小さい頃から職場に連れていったりするかも。
綺麗なものや美しいものに囲まれて育つので、美意識の高い少年になるでしょうね。



【ラピスのベビールームにて】
2012y01m02d_151808332.jpg
セレネ 「うわーっ、可愛い~! ほっぺたほわほわ~vv」
ピンク 「あら、セレネちゃん赤ちゃんの扱いに慣れているのね?」
セレネ 「そりゃぁもう! アポロが生まれた時にはよくお母さんがわりしてたんだから! ね、アポロ?」
アポロ 「//// そっ、そーいうこと言うのやめろよなっ」
セレネ 「やーだアポロったら反抗期ー」
クロエ 「…………」
ピンク 「まぁ、クロエちゃんありがとう。この子ったら手をバタバタして、ミルクが欲しかったのね」
セレネ 「ふーん、クロエったらまるで赤ん坊の言葉が分かるみたいね」
クロエ 「…………なんと、なく」
セレネ 「例の直感ってやつ? あんたって昔っからそうよね」



【2011.1.3】おじいちゃんの木
2012y01m03d_005932358.jpg
久々にセントクックパークに戻ってきた一家。
生後40日を過ぎたアポロは、おじいちゃんとの思い出の木を見上げます。
あの時、リンゴの実をとってくれたおじいちゃんはもういません……。

アポロ (おじいちゃん、ぼく、背が伸びたでしょ。でも、まだリンゴには手が届かないよ)

* * *

アポロもすこし大きくなってきたので、スノーパークのもこもこ服からイメチェンしてみました。
ハットとベストでラテン風に♪
アポロの場合、体色が濃いのと目元の赤い模様もあって南国の雰囲気が出ますね。
雪にうもれているのが似合うラトナ&ラピス親子とは対照的だ……^^;


もうひと方、南国衣装が似合うお方。
レオの奥さまのグィちゃん。
巣箱のセンスではなかなかこれ!という衣装がなくて、これまでグィちゃんの魅力を活かしきれてなかったのだけど、最近ようやくぴったりくる衣装を見つけました。
やっぱり紫には黒だよね。うん、クールクール。
でもこれまた寒そうな背景で……。
娘たちの縁談探しのために、ふたたびスノーパークへと舞い戻ってきた一家です。
グィちゃんにはすぐに緑色のマントに着替え直してもらいました。

グィ (春になったら、オアシスの近くに引っ越すのはどうかしら?)

旦那に提案してみようと思うグィちゃんです。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。