スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桃色ボーイ×藤色ガール

2013年09月26日
【2013.9.19】森の結婚式
20130919-1.png
海辺で生まれたビビッド・ボーイ、ルフタが結婚しました♪
お相手は、藤色の体色が可憐なリイちゃんです。年はルフタの9日下。
この色は、第5世代でルグのお嫁さんに来てくれたシホちゃんと同じ色。
とってもきれいな色で大好きだったので、またお迎えすることができてとてもうれしいです^^
リイちゃん、プルームーン家にようこそ!


20130924-1.png
リイちゃんは白ハラ柄。
ルフタの曾祖母であるマシシェちゃんと同じですね。
同系色の尾がひかえめでとても可愛らしいです。
そして、リイちゃんは双子姉妹の片割れさんでもあるのです。
かつて、2・3・4代目と連続して双子を授かったわが群れですが
もうずいぶんとご無沙汰しているので、ここらで再び双子遺伝子復活を期待したいです。



20130919-3.png
新婚旅行は砂漠のスフィンクス像に来てみました。

夫妻の衣装はリイちゃんの紫系で揃えることにしました。
昔グィちゃんが着ていたグランマズスカートにようやく出番が!!
そして、ルフタの衣装は、トーハくんのお父様、つまりルフタのおじい様が
お召しになっていた砂漠衣装をそのままお借りすることに……
ルフタは体の色と羽色・羽の形が父方のおじいちゃんにそっくりなんです。
しかも形は違えどくちばしも同じオレンジ系なので、ほぼ生き写しと言っても良いほどで。
以前お見かけしたおじい様のコーディネートがとても素敵だったので、
無断でごめんなさい!! リスペクトさせていただきました。

リイちゃんは外見は大人しそうですが、口を開くと意外とちゃきちゃきした感じの性格の子だと思います。
ルフタは、この家系の血筋らしく、いろいろと行動が派手なタイプだから、おそらくそういう子じゃないと相手は務まらんだろうw
振り回しているつもりで、結構平気でリイちゃんがついてきたりするので、びっくりみたいな^^
そのうち、じゃあ結婚しよっかーみたいになったと思われる。か、軽いな。
でもとっても仲良しで良い夫婦になると思います。

***

3か月ぶりに家系図を更新しました。
タルヒくん、フローラ、リイちゃんが加わって、ルフタとノルンが成鳥。
トートがお婿に行きました。
次はいよいよ第10世代ですね~、楽しみ!
ノルンも90日になりましたが、結婚はもう少し経ってから考えようと思います。
男の子なら、遅めでも大丈夫だと思うので。
あとは最近家族紹介ページを全然更新してないので、ちょっとなんとかしたいかな。
スポンサーサイト

プルームーンの群れ:家系図

2013年09月25日
【2013.9.25】※クリックで拡大   白枠=嫁・婿入り
kakeizu12+


お嬢様と執事

2013年09月20日
【2013.9.18】謎解きは……
20130918-2.png
とてててて……ぺたん!

フローラ 「あーん、転んじゃった! ノルンくん、起こしてー」
ノルン 「ああもう、仕方ないですね」

すっかりフローラの世話係として定着したノルンです。
フローラは黒ワンピ+リボンの印象から、ゴスロリっぽい巻き髪お嬢のイメージ。
おそらくツンデレであろう……
ノルンは……執事か!? 
いや、主従関係はないはずなんですが。
フローラは血筋的に、このままでいくと女当主になる子なので
母アウローラがノルンに教育係を頼んだっぽいですね。
ノルンはすごい真面目なんでお勉強とかもよくできると思うし。


***

(ノルンのつぶやき)
そりゃあね、姉さんやトーハ義兄さんはよくしてくれるけど。
ルフタくんの手前、あまり入り浸り過ぎるのもよくないと思うんだ。
お嫁さんが来て、子トリが生まれたら、また賑やかになるんだろうなぁ。

***


やっぱり、小さい頃から弟たちを見てるアウローラだから、いろいろ察するんですよ。
ルフタとノルンって、やっぱりちょっと微妙な間柄だと思うんですよね。
おじいちゃんとられちゃったりとか、いろいろあったし……
今まではトートがいたから、あいだを取り持ってたところもあったんだろうけど。
2人だと、会話が成り立たなそうだもんな~





【2013.9.18】フローラ in wonderland
20130918-3.png
フローラ 「ねえ、ママ。この穴の向こうは、どこに通じているの?」
アウローラ 「??? そうね~、不思議の国かしらね~?」

フローラお嬢様の強いリクエストにより、砂漠から森にお引っ越ししてきた一家です。
もちろん、運転手はノルンがつとめましたよ。
どこまでも深い森が広がるナイトウッズパークは、おとぎ話の舞台になりそうな雰囲気ですよね。
好奇心の強いお嬢様には気になる場所がたくさんあるようで、ママと一緒にあちこち散策。
こうして見ると姉妹みたいな母子ですね~♪


20130918-4.png
フローラ 「あたしを迎えに来たんでしょ? 早く貴方の主人の居城に案内しなさいな」

生き倒れのブラウニーに無茶を言うフローラでした。

仲良しコンビ、身を固める。

2013年09月18日
【2013.9.9】旅立ち
toto.jpg
トートが成鳥をむかえ、かねてから婚約中だったお嬢様のところへお婿に行きました。
以前にも書きましたが、婿入り先はアウローラの旦那様であるタルヒくんのご実家巣箱様です。
今からヒナの誕生が楽しみですが……
何といってもここの家系は4~8代目まで黄色男子onlyといういわくつき(?)の血筋。
さてさて、他家様に入っても、この流れは止められないのか!? それとも……??
という、ちょっと違った面でドキドキしている実家巣箱でした……

このあと、ハクちゃんが291日で早々に老化してしまったので
デュオから続いたここの家系は8代目までで打ち止めとなりました。
本当は、これを機会に3家系→2家系への転換をはかろうと考えていたのですけれど。
どーもノルンを出す気になれなくてですねー……
ちょっと先延ばしになるかもですが、ノルンにはお嫁さんをもらって、家系を減らすのはその子を見てからにしようかな。


【2013.9.13】負けじと
20130918-1.png
幼少の頃からの遊び相手がいなくなって、自分も身を固める決心をしたのでしょうか。
9世代目筆頭のルフタにも、結婚を前提とした彼女ができました。
お相手巣箱さまにも承諾をいただいているので、明日には可愛らしいお嫁さんが来てくれます。
トートもルフタも、ついこの間まではちょこちょこ飛び回ってるちびっこだったのに早いですねー
でもやっぱり90日になると体型も大人になるし、1週間ハートを飛ばしている姿を眺めているうちに、「あ~、この子たちも大人になったんだな」と実感がわいてくるような気がします。

しかし、一応この赤いターバンとベストを着せてますが、いまだにルフタの服装が確定しないです!!
大体の子はこの子ならこの服、という定番服が決まっていくものなのですが
ルフタの場合、今までにない色の組み合わせのせいか、なかなかこれ!という服がないんですよね……
今までで一番しっくりきたのが、ホワイトライオンパークの麦わらと青い魚つり下げルックなんですが、あれ、子ども向けだしなぁ……
何か課金服でカッコいい装いが出てくれないものかと待ってるんですがうーん。
これからに期待しましょう。

幼い息子を遺して

2013年09月17日
【2013.8.9】真夏の雪
20130809-1.png8月の頭は、涼を求めて雪山にいました。


20130809-2.png
ちび3羽でケモーズ。
こうやって3羽で遊べたのも、このぐらいの頃が最後でしたね。
ひと足先にお兄ちゃんトリになったルフタとトートは、2羽でつるむようになり。
ノルンは、家で新しく生まれたアウローラお姉ちゃんの娘、フローラの面倒を見るようになりました。
それに、ノルンとしては、年老いた両親の元に少しでも長くいたい、というのもあったのかも。



【2013.8.13】
20130814-1.png
思いのほか早く、その時がきました。
奥さんのフェインちゃんよりも、2週間年下だったはずのルキナでしたが322日で天国へ。
ルキナが亡くなったことにより、初代から続いていた我が家伝統の白パンダ柄がついに絶滅。
うう、やっぱりちょっとさみしいですね……
また機会があったら、お嫁さんやお婿さんでお迎えできたらなと思います。
でも、ちょこちょこ見かける親戚筋の子たちには、白パンダ結構残ってるみたいです。
血筋が遠すぎて、全然交流とかないんであれですが。


【2013.8.27】
20130827.png
その後、幼い息子のために、フェインちゃんが頑張ってくれて、349日まで生きてくれました。

フェイン 「イレーネ、ノルンのことを頼みますよ」
イレーネ 「母さま、安心なさって。この子のことは、わたしとトーハさんがしっかり育てます」
ノルン 「母さん……。母さんも遠くへ行ってしまわれるのですか?」
フェイン 「ノルン、これからは、姉上の言うことをしっかり聞くのですよ。大丈夫、貴方は強い子です。ひと足先にお空に行った父上と2人、いつでも見守っていますからね」

20130909-3.png
そうして、フェインちゃんも旅立って行きました。
お墓は、どちらも鳥のオブジェがついた白色のもの。
上品な色合いの夫婦だった2羽らしい、かわいいお墓でした。
祖父のラピスそっくりで生まれてきたルキナ。
とっても美人さんなフェインちゃんがお嫁に来てくれて、可愛い子どもたちに恵まれて、幸せな一生だったと思います。
生まれた子がまさかの緑色で!?となったり(笑)、孫が生まれてからまさかの2羽めを授かったりと、いろいろな思い出がありますね。
ルキナ、フェインちゃん、今までありがとう。ゆっくりおやすみなさい。


20130729-1.png
ルキナ・プルームーン:2012.9.25-2013.8.13(享年322日)
フェイン・プルームーン:2012.9.11-2013.8.27(享年349日)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。