スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマス生まれ!

2012年12月26日
【2012.12.25】聖夜の誕生
20121223-7.png
さて、いよいよクリスマス当日。
この日は孵化に立ち会えなかったので、ワクワクしながら帰宅しました。
さて、どんな子が生まれたかなー???

Read more "クリスマス生まれ!"
スポンサーサイト

森の主との再会

2012年12月26日
【2012.12.15】たまごの贈り物
20121215.png
今回は2記事に分けて12月の出来事をまとめてお送りしたいと思います。

まずはこちら。
結婚から12日目でディースとピリカちゃんにたまごができました♪
希望はピリカちゃん色でハート模様の女の子……だったんですが、結果は次の記事にて。
計算の結果、なんと生まれてくるヒナはクリスマス生まれ! めでたい!



【2012.12.23】祖父から孫へ
20121223-2.png
続いて、第7世代1羽目のルキナが成鳥になりました。
そっくりな祖父のラピスとツーショット。じいちゃん、老けちゃったけども。

20121223-3.png
じいちゃんから孫へ。とっておきの一張羅を譲り受ける。

ルキナ 「わぁ! じいちゃんのスーツだ。じいちゃん、ありがとう!!」

20121223-1.png
孫の成長がうれしい老夫婦であった。

しかしこう見るとルキナとラピスはほんと似てますねー
羽が違うだけなんで、ほとんど印象は完コピと言ってもいいと思う。
元旦生まれのラピスにはそろそろ寿命が近づいていますが……
そっくりなルキナがいるので、幾分かは慰められます;;



【2012.12.23】なかよし兄妹
20121223-4.png
ファウナ 「ルキナくん、その服どうしたの? カッコいい!」
ルキナ 「へへ。じいちゃんから貰ったんだ。そういえば、ファウナの服はうちのばあちゃんが若い頃に着てたドレスなんだよ」
ファウナ 「えー! そうだったの? 知らなかったー! じゃあ、あたしとルキナくん、お揃いなのねっ」
ルキナ 「そうだね^^」

おしゃまなファウナと、妹を溺愛する兄、なルキナです。
この2着は、元々はセットじゃないけど、緑×紫のストライプがペアっぽくて、
ラピス×エリー夫婦に揃いで着せていたお気に入りの組み合わせでした。
それを今はファウナとルキナが引き継いでいます。

ルキナ 「よし、せっかくだから新しい服でホワイトスノーパークに遊びに行こうか。今はイベント中だから、イルミネーションが綺麗なんだよ」
ファウナ 「きゃー、楽しみ!」

20121223-5.png
雪のパークにやってきたルキナは、1匹のユニコーンと出会いました……。

ルキナ 「えっ、ぼくのひいじいちゃんを知ってるの?」
森の主 「ああそうさ。ちょうど去年の今頃だったかな。結婚したんだって、奥方と子どもを見せにきたよ」
ルキナ 「それって、ぼくのひいばあちゃんとじいちゃんだ!」
森の主 「そうか、お前がラトナのひ孫か。トリの一生というものは短いんだなぁ。あっという間にいなくなってしまう」
ルキナ 「また、ぼくが結婚したら会いにくるよ! そのあとも、きっと来る!」
森の主 「それは嬉しいなぁ」

ちょうど去年のクリスマスイベントの最中に、ラトナとピンクちゃんが結婚したんでした。
それから1年で3世代進んじゃうんですから、トリの時の流れは速いですね。
次の1年後は、どんな群れになっているのかなー。
ともかく、今年も無事に群れを存続できたことに感謝・感謝です。

ツッパリとバラ色乙女

2012年12月04日
【2012.12.3】ハート×ハート
20121203-1.png
前回の記事でお嫁さん探しをスタートしたディースでしたが……
その後、素敵なお嬢さまとめぐりあい、無事に結婚しました!

お嫁さんの名前はピリカちゃん。
「ピリカ」というのは、アイヌ語で「きれい、かわいい」という意味なんだそうです。
ほんと、名前の通りとっても美人さんですね!

当初セントクックの名所あたりをウロウロしてたんですが、なかなかフラグが立たず。
ふらりと立ち寄ったホワイトスノーでの運命の出会いでした。
ピリカちゃんは3姉妹の長女さんで、他にディースと同じ年ぐらいの子と、年下の妹さんが
いらっしゃったのですが、ディースが選んだのは2か月年上のピリカちゃんでした。
……やっぱり年上好きかっ!
巣箱に突っ込まれたのは言うまでもありません。


pirika.png
ピンク×ピンクの色合いにハート模様がとってもラブリーです。
そしてこのローズピンクの体色・上向きくちばし・ハート模様の組み合わせは、
第4世代でお嫁に来てくれたピンクちゃんと同じなのです。
大好きだったピンクちゃんの特徴が、旦那と共通の白い羽色以外、遺伝しなかったことが心残りだったので、似た面影のお嫁さんをまたお迎えすることができてとっても嬉しいです!
2羽の子どもは……夫婦共通の胸のハート模様は鉄板かな?
オムライス色が3代続いてる家系ですが、そろそろお嫁さん色出ないかな? 

初代の灰青色がそろそろ途絶えそうですが……
元々ピンク系も好む巣箱なので、今はじわじわと暖色系の群れを目指し中です。
迎えるお嫁さん・お婿さんによって巣の雰囲気も色々変わってくるのが面白いですよねー
ここまで世代を重ねてくると、そんな楽しみ方もできます。その辺が飽きない秘訣かな?
家系図をこしらえるような、遺伝系のモチーフのゲームってほんと好きなんですよ~
キャラも可愛く、まったり楽しめるトリネシアは私的にドンピシャなゲームですv


20121203-2.png
シホ 「しっかりしたピリカちゃんに来てもらえて、一安心ね」
ルグ 「もう夜にバイクで走り回ったりするんじゃないぞ」
ディース 「わかってるよ! それに、いつも0時前には帰ってきてるだろ?」←ツッパリ?
シホ 「それでもお母さん、心配なのよ……」
ディース 「わー! 母さん、泣くなって!」
ピリカ 「…………」

親子の会話を聞いていたピリカちゃんは、どうやら思うところあったようで……


20121203-5.png
ディース 「ね、ねえピリカちゃん! あと何往復すれば終わりなの!?」
ピリカ 「貯蔵庫がいっぱいになるまでよ。冬を乗り切るにはそれぐらい必要なのよ!」
ディース 「それは分かるけど……ちょっと肉を運ぶには距離が遠すぎない? 探せば、もっと近場にも良い狩り場があると思うんだけど」
ピリカ 「ダメよ。わたしはホワイトスノーに長く住んでいるから分かるの。ユニコーンのお肉は雪だるま付近が一番脂がのっていて美味しいんだから」
ディース 「へ~、そーなんだ。それは知らなかったなぁ!」

ピリカちゃんの後をついてフラフラ飛ぶディース。
きっとこの夜は、肉運びの疲労で深夜に外出する元気もなく、爆睡したことでしょう。
年下夫の操縦方法を熟知しているピリカちゃんです。


20121203-3.png
妹さん2羽とご両親を残して心配だったかと思うんですが、ピリカちゃんはディースのところに来てくれました。
よっぽどディースが頼りなく見えたんでしょうか!?
いきがってるツッパリと年上のお姉さんの組み合わせ。素敵です。
かわいいピリカちゃんを送り出してくださった巣箱さま、ありがとうございました!
お嬢さまは大切にお預かりいたします。


さてさて、次はルキナの成トリが控えてますがその前にシエル・パタナ夫妻に300日が迫っています。
ラピス・エリー夫妻はどうやら330日の壁は越えたようです。
前回のアポロがやたら早い旅立ちだったので、びくびくしてたんですが――
元々、次女アルテミスの家系はみんな結構長生きだもんね。
デュオの家系は早世のトリが多い。気がする。
今年の元旦生まれのラピス、クリスマスまで頑張れるでしょうか。
しかしあれからもう1年たったんだなー。早いなぁ~
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。