スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仲良く、手をつないで

2011年12月29日
【2011.12.23】ああ、やはり……
zannen.jpg
イブの前の晩。
ぱっちりおめめを開いているピンクちゃんを発見し、大喜びした直後のことでした。
マイア、ユノ、ラズ君の3人に、相次いでお迎えがきていました。

ああ、やはり間に合わなかったか……。
ラトナはマイア・ラズ夫婦が生後260日過ぎてからの子。
いつまでラトナの成長を見届けることができるか、常に危ぶんでいたのだけれど……。
一人息子の結婚式に、夫婦そろって出席できただけで、幸いだったのかもしれないなぁ。

ユノは群れに残った第2世代の中で最後の子。
先立った初代夫婦や姉たちにかわり、夫亡きあとも群れの行く末を見守ってきました。
唯一の完コピっ子だったし、この子が生まれたあとは、マイアとともに群れの中心的存在になっていきました。一時はお嫁に出そうと思っていたこともあったけれど、今は群れに残ってくれて、本当によかったなぁと思っています。

ユノとマイアは1日違いで生まれてきて、ほとんど同時にこの世を去ることになりました。
生まれた時から仲良しな2羽は、最期もやっぱり楽しげに手をつないで、天国の階段をのぼっていったみたいです。


2011y12m24d_010018918.jpg
最後は笑って。



【2011.12.24】3つの棺
2011y12m29d_212323767.jpg
次の日、ラズ君・ユノ・マイアの順で旅立っていきました。
ラトナは曾祖父母・祖父母に続き、生後100日ちょっとで両親まで亡くしてしまいました。
でも、ラトナはひとりではありません。
奥さんのピンクちゃんと、生まれてくる子トリ。そして、たくさんの家族たちが一緒です。
ラズ君とマイアの棺に挟まれて眠っているラトナを見たときに、ピンクちゃんが来てくれていて本当によかったと思いました。


2011y12m24d_234630030.jpg
ピンクちゃん、ラトナをどうぞよろしくね。

計算によると、生まれてくる子は元旦生まれのニューイヤーベイビーになるみたい。
群れの初玄孫でもあるし、なんだかとっても特別な子。
名前の候補もいろいろ取り揃えて考えておきました♪
ピンクちゃんの完コピっ子でも私としては全然OKなんだけれど。
ミツ君やラズ君の色柄なんかがひょっこり遺伝しないかなーとちょっぴり期待しています。



2011y12m29d_201905309.jpg
左から、マイア、ラズ君のお墓。
マイアはパパのミツくんと同じエレガントな形のものでした。
うんうん、マイアはパパ大好きっ子だったもんね。ほろり。
そしてついにわが群れにも肉墓がー!!(笑)

2011y12m29d_202101872.jpg
こちらはユノとチュ君のお墓。
三角屋根の素朴でかわいらしいユノのお墓はなんだからしいなぁと思いました^^ 
天国でチュ君に逢えたかな。



2011y12m25d_234737530.jpg
老トリ3羽を送り出し、群れは9羽(+卵)になりました。
また、新たな時代の始まりという感じですね。
マイア、ユノ、ラズ君。みんなのこと、見守っていてね。

2011y09m24d_095708909.jpg
ラズ・プルームーン(2010.12.22-2011.12.24 / 享年367日)
ユノ・プルームーン(2010.12.11-2011.12.24 / 享年379日)
マイア・プルームーン(2010.12.10-2011.12.24 / 享年379日)
スポンサーサイト

クリスマス・ハネムーン

2011年12月25日
【2011.12.18】キャンドルサービス!
2011y12m18d_001756059.jpg 2011y12m18d_001758655.jpg
通りがかりのお宅にお邪魔して撮影させてもらいました。
ハート型にならべられたお花のランプでキャンドルサービス!
背中合わせの構図が可愛いですv
今回、お気に入りの1枚です♪

♥   ♥   ♥


式のあと、2人は新婚旅行に出かけました。

2011y12m18d_000805390.jpg
ラトナがちいさい頃、お友達になった雪の森の主と再会。
ピンクちゃんを紹介します。

主 「誰かと思ったらラトナじゃないか。ずいぶん大きくなったなぁ」
ラトナ 「約束どおり、会いに来たよ。この人は、ぼくの奥さんなんだ」
ピンク 「はじめまして」

主のことを怖がるかもしれないと思ったピンクちゃんですが
動物が大好きなピンクちゃん。主ともすぐ仲良くなりました。
主も、ピンクちゃんのことを気に入ったみたい。

主 「お前たちの子どもができたら、また見せにこい」
ラトナ 「子どもだって? ぼくたち、結婚したばかりなんだ。まだ早いよ」
主 「ふふん、そんなこと、分からんだろう」

この時の主の言葉は、そう遠くない未来、現実のものとなるのですが……
それはまた、後日の話。


2011y12m17d_235140095.jpg
街に立ち寄り、ショッピングモールを散策します。
ラトナはここぞとばかりに頼りがいのあるところをアピール。

ラトナ「欲しいものはない? ぼくが何でも買ってあげるよ!」

2011y12m17d_235251728.jpg
高級レストランで、美味しいディナーもいただきました。


2011y12m18d_002150525.jpg

2011y12m18d_002322095.jpg
旅の途中、クリスマスのパレードに出くわしました♪
夫婦になったばかりのふたりは仲良く並んでパレードを見学します。
今日の一日を締めくくるのに相応しいサプライズ!!

ふたりとも、今日のことを忘れずに、いつまでも仲良くね!

クリスマス・ウェディング

2011年12月18日
【2011.12.17】聖なる夜に
2011y12m18d_203402814.jpg
今夜はマイアとラズ君の息子、ラトナの結婚式です。
クリスマスイベント真っ最中ということで、BGMにクリスマスソングを流して雰囲気満点!
すてきな結婚式となりました♪


0時をまもなく迎えるころ、やってきたお嫁さん。
その名のとおり、桃色の体色が可憐なピンクちゃんです。
ピンクちゃんはラトナよりも32日ほど年上。
人間でいうと、7歳ほどお姉さまでしょうか。
生後99日のラトナが19歳だとしたら、ピンクちゃんは26歳ぐらいですかね。
ラトナのお相手には、同い年、年下……と色々考えたんですが
ピンクちゃんに出逢い、容姿・年の差ともにどストライク!! ということで
お迎えさせていただきました。(某作品の影響で最近このぐらいの年の差がツボなのだー)

ご覧のとおり、ピンクちゃんはくちばしと尾の形がうちの初代(=完コピの三女ユノ)と同じなんですよ。体色とタヌキ模様を受け継いだラトナに足りない部分をピンクちゃんが備えている、ということで、そんなところでもまた、お似合いの2羽なんじゃないかと思いましてv
あ、ちなみにピンクちゃんの体の模様は胸にハートマークです。

ラトナの場合、両親も姉さん女房だったしね。
あと、なるべく早く結婚させたかったというのもある。(孫……間に合うか!?)
えーと、多分ラトナのほうがベタ惚れだと思います。
どちらかと言えばラトナの猛アタックにピンクちゃんが押し切られた形。
ピンクちゃんは手に職持つバリバリのキャリアウーマンなのです。


初対面
2011y12m18d_005139552.jpg
よろしくお願いします
2011y12m18d_005151533.jpg
笑顔!
2011y12m18d_005106702.jpg

マイアも娘を欲しがってたから可愛い子がきてくれてよかったね。
繁栄していく三女家族とは違い、こちらは両親と一人息子の3羽家族。
両親が他界したらラトナはひとりきりになってしまうところだったから……。
マイアとラズ君もこれで一安心です。

思えば、多感な時期に葬式ラッシュを体験したラトナ。(曾祖父母・祖父母・大おじおば夫婦を相次いで亡くす)
そのせいか、歳のわりに達観した、子どもらしくない性格に育ってしまったけれど
実は自分の弱さをさらけ出して甘えられる、そんな場所を求めていたのかもしれないね。


2011y12m17d_235451016.jpg
ラトナ 「ずっと、ぼくのそばにいてくれる……?」
ピンク 「安心して。わたしはあなたを置いていったりしないわ」

ツリーの下で愛を誓い合うふたり。
ラトナ、ピンクちゃんいつまでもお幸せに……!
Merry Christmas & Happy Wedding!!


次回予告>>二羽のスイートハネムーン♪

出会いと別れ

2011年12月12日
【2011.12.10】祝・婚約
2011y12m10d_235059252.jpg
成鳥して1日、ラトナがお相手を見つけてきました。
決断のはやさは、おじいちゃん譲りか!?
しっかりと、速攻で本命の女の子を射止めるところも奴らしい。
浮気者に見えて、実は一途なんだよねー。
願わくば、このままうまくいきますように。

2011y12m11d_000320054.jpg
おじい様の墓前に報告。
ぼくの選んだひと、気に入ってくれるといいなぁ……。

婚約の日は、偶然、ラトナの母・マイアの誕生日でもありました。
1年前の今日、マイアは生まれたんですね。
あれから1年、小さくておませだったマイアも母となり、一人息子も立派に成鳥しました。
あとどれぐらい生きられるか分からないけど、孫の誕生を見届けられるとよいなあ。




【2011.12.11】
2011y12m11d_000625410.jpg
というわけで、次の日はユノの誕生日だったわけですが。
なんと、よりにもよってその日に、ユノの旦那様のチュくんに
旅立ちカウントが始まってしまいました;;
誕生日が夫の命日なんて。うう、不憫。

チュくんは、ユノよりも3ヶ月も年上なので、もっと早くにお別れするのも覚悟していたんですが、思いのほか長生きをしてくれて、2羽で穏やかな老後を過ごすことができて良かったです。
明るいチュくんの黄色とキャラクターは、巣をいつも華やかにしてくれました。

2011y12m11d_003221327.jpg
チュくんとユノの間には2羽の息子、さらに3羽の孫もできました。
セレネとクロエとは、一緒にハロウィンも楽しんだし、いっぱい思い出が作れたね。
アポロのことは本当に可愛がっていただろうチュくんです。
みじかい間でしたが、アポロもおじいちゃんのことが大好きでした。

2011y12m11d_165333676.jpg
翌朝、チュくんは旅立っていきました。
お墓はルナと同じ白色の王冠のついたものでした。
チュくん、我が家に来てくれてほんとうにありがとう!!
ユノはもうちょっと長生きできるのかな。
お空の上で再会するその日には、たくさんの土産話を持っていくからね。
その日まで、待っていてください。ありがとう、チュくん。安らかに。


2011y09m02d_175952928.jpg
チュ・プルームーン (2010.9.12 - 2011.12.11 / 享年454日)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。