スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おばけ、待ちぼうけをくらう

2011年10月22日
2011y10m21d_223115371.jpg
ハロウィンイベント真っ最中です。
それぞれ、衣装を着替えてオータムンパークを散策中。
ちなみに、まだ今年はパレードを見れていない……
オータムンパークと言えば、春にマイア×ラズ夫妻が結婚した地でした。
「ここで、父さんは母さんは出逢ったんだよ~」
なんて、ラトナは聞かされているかもしれないですね。
両親のノロケなんて、別に聞きたくないか?


【2011.10.18】おばけごっこ
2011y10m18d_131543007.jpg
セレネ 「なんか、変なのがいるわっ」

セレネ、おいちゃんの影から覆面オバケを偵察する。
ラトナのハロウィン扮装はオバケ一択でした。
最初はセレネとクロエが怖がって逃げ回るのを面白がって追いかけまわしていたラトナですが
やがて形勢逆転、2人からフクロだたきにされる運命です^^;
意外と振り回されてるなー、ラトナ~。
たぶん2人1組だからでしょうね。女子は複数になると強い。


【2011.10.18】300日
2011y10m18d_013656319.jpg
ラズくん、若かりし頃さいごの姿。
とうとう、ピンクマロ眉がかわいい婿さまにも逃れられない老化の波が来てしまいました。
妻のマイア同様、300日ぴったりで老化。
もう少しねばってくれても構わなかったんだよTT
ラズくんもなぁー。息子のラトナに何一つパーツが遺伝してないからなぁ。
願わくば、裏遺伝として体色とか模様とかどれか1つでも残っててくれるとうれしいんだけど。
こればっかりは、ラトナの子を見るまでは何とも言えませんな。

2011y10m21d_021332504.jpg
というわけで、チュくんと2人でじじいかぼちゃーず。
この恰好をすると孫娘2人に妙にウケがいいらしい。
チュくんはイタズラ大好きなファンキーおじいちゃんと化してます。
若い頃から遊びにかけては並々ならぬ情熱を燃やすタイプだったもんね……。
3ヶ月年下のユノに諌められてましたが。今は好きにさせてるようです。


【2011.10.21】待ちぼうけ
2011y10m21d_220907558.jpg
ラトナ 「あーのー……そろそろ出発なんだけどー」
クロエ 「…………」

最近は群れのリーダーとして素材集めを仕切る機会も増えてきたラトナです。
ピックのためのカボチャ収集中、クロエが木の上で瞑想モードに入ってしまいました。
普段なら人のことは放っておいてさっさと巣に戻るところですが
リーダーとしてはそういうわけにもいきません。
相手は幼女、声を荒げたいのを我慢して、下から忍耐強く呼びかけます。
しかし一度"星に祈りを捧げる"瞑想モードに入ってしまうと外部の音声はすべてシャットダウンされてしまうクロエ。結局、姉のセレネがやってくるまで、ラトナはこの場所から離れることができませんでした。

ラトナ (足が棒みたいに痛いよ。やれやれ、昼寝なら巣の中でやってよね)←※分かってない

★おまけ★
2011y10m21d_222759648.jpg
レオ 「グィ? 帰るぞ、グィー???」

実は同じような目に遭っていた。
グィちゃんとクロエに共通する癖のようです。
スポンサーサイト

父と息子

2011年10月19日
【2011.10.17】あらたな生活
2011y10m17d_003649586.jpg
10月頭から始まった葬儀ラッシュが終わり、ようやく落ち着きを取り戻したブルームーン家です。
順番的に次は先日400日代に突入した三女婿のチュくんなんですが、様子を見ると
まだ少しは猶予がありそうなのかな……?

現在、群れ総数11羽。
今思えば、9月末までにレオ・デュオの嫁取りが終わっていたことが幸いでした。
双子のひ孫も加わり、今のところ、群れの存続は安泰のようです。


【2011.10.17】伝えること
2011y10m17d_203835819.jpg
「よしラトナ、父さんについてくるんだぞ」
「はい! 分かりました、お父さま」

2011y10m17d_204402274.jpg
「えいえい!」
「そうだ、その調子だ、ラトナ!」


最近はお父さんのラズくんと狩りに出かけることが多くなったラトナです。
これまでラズくんは息子のことは自由にさせていたというか、あまり干渉はしないタイプでした。
狩りに関しても、わが群れにはレオ・デュオという立派な働き盛りのオストリがいるので、
ラトナはそれほど力を入れなくても済んでいたというか……。
けれど、これからは違います。もうすぐ300日を迎える父・ラズくんの代わりに、
ラトナが働き手の一員として頑張らなければならないのです。
はじめこそ、慣れない弓矢の扱いにとまどい、きれいな手を傷だらけにしていたラトナですが、
元はカンの良い彼のこと。ラズくんが教えることをどんどん吸収していきます。
これで、自分のあとを任せても大丈夫だろう。ほっと安心するラズくんです。



以下、長文(アップデート後の諸々について)
Read more "父と息子"

さよなら、大好きなおじい様

2011年10月17日
【2011.10.13】前の晩
2011y10m13d_202815150.jpg
ミツ 「ラトナや、おじいちゃんは遠いところに行くけれど、ずっとお前のことを見守っているよ」
ラトナ「……? はい、おじい様」


【2011.10.14】次女婿、ミツくん死去
2011y10m14d_174342548.jpg

2011y10m17d_215625625.jpg
薔薇の花がエレガントな墓碑が届きました。
これまた、ミツくんにぴったりだなあ。
白い体色に白い羽の美トリなミツくん。
ミツくんの羽が大好きだったので、マイアに遺伝した時はすごくうれしかったです。
アルテミスはやさしい旦那さまに守られて一生を過ごすことができてしあわせだったね。


【2011.10.15】次女アルテミス死去
2011y10m16d_135945499.jpg

2011y10m16d_214759513.jpg
続いてアルテミスが旅立ち。
墓碑は「白」がテーマカラーだった2羽にふさわしく2羽とも白。
アルテミスのほうがちょっとだけ小さいのも、なんとなく2人らしいな。

アルテミスは三羽男の子が続いての待望の女の子でした。
元は勉強大好きの固物っぽいイメージでしたが、結婚後はやわらかい雰囲気になりましたね。
明るく闊達なミツくんとのカップルは特に巣箱のお気に入りでした。
孫のラトナに、ミツくんのくちばしとアルテミスの羽形が受け継がれているので
しばらくは2人を思い出してしんみりすることになりそうです。


2011y10m13d_133754182.jpg
老いてもなお、そのダンディなたたずまいは健在だったミツくん。

2011y10m13d_085705325.jpg
相次いで曾祖父母・祖父母をなくしたラトナのショックはいかばかりか。
特にミツくんは、ラトナの個性的なところを全部ひっくるめて、認めてくれてました。
ラトナは性格的にはおじいちゃん似で、たぶん一生の憧れのひと。
涙を拭いて、前を向いたら、きっといい男に成長してくれることでしょう。



~アルテミス&ミツ メモリアル~
白がテーマカラーの2人は、主にホワイトスノーパークの服をおそろいで着ていました。
ミツくんは妻と娘を大切にする素敵なジェントルマンだったと思います。

2011y10m17d_222944500.jpg2011y10m17d_223128942.jpg2011y10m17d_223016153.jpg2011y10m17d_222911366.jpg2011y10m17d_222822351.jpg2011y10m17d_222813209.jpg
ミツ・プルームーン(2010.7.26-2011.10.14 / 享年445日)
アルテミス・プルームーン(2010.8.13-2011.10.15 / 享年428日)

女王さまと年下夫

2011年10月15日
【2011.10.11】女王さま逝く
2011y10m15d_001659069.jpg

2011y10m11d_174505060.jpg
最愛の夫に看取られて長女ディアナが死去しました。

【2011.10.12】
2011y10m12d_082244137.jpg
届いたかわいい墓碑。

その後、すぐにカウントが立ったニユーシャくん。
最期の時まで、寄り添うようにディアナのそばにいてくれました。

【2011.10.13】
2011y10m13d_202517931.jpg
ニユーシャくんの墓碑は、弓矢のついたりりしい形のものでした。
さいごまでディアナを守ってくれたんだね。ありがとう。

ディアナとニユーシャくんの娘・ダフネは、他家に嫁いだあと子トリを2羽生み、さらに先日覗かせていただいたところ、孫トリも2羽生まれていました。つまり、ディアナとニユーシャくんのひ孫に当たるわけです。2人にはダフネ以外の子供ができなかったので、我が群れには血統を残すことはできませんでしたが、ダフネの嫁ぎ先で2人の遺伝が脈々と受け継がれていくのを見ることができたので本当に良かったです。改めて嫁入先巣箱さまに御礼申し上げます。


~ディアナ&ニユーシャ メモリアル~
この2羽のテーマカラーと言えば緑。サンドストームパークのターバンと
ホワイトスノーパークのベアスキンキャップが特にお気に入りでした。

2011y10m15d_004636399.jpg2011y10m15d_004526639.jpg2011y10m15d_004546399.jpg2011y10m15d_004702339.jpg2011y10m15d_004722609.jpg2011y10m15d_005209639.jpg
ディアナ・プルームーン (2010.4.26-2011.10.11 / 享年532日)
ニユーシャ・プルームーン (2010.5.19-2011.10.12 / 享年511日)

天敵との遭遇

2011年10月13日
【2011.10.10】不公平よ!
2011y10m10d_202027423.jpg
マイア 「誕生日1日しか違わないのにどーしてあんただけいつまでもツルツルなのよっ!?」
ユノ  「若い頃からお肌のお手入れだけは欠かさなかったしー」

305日を過ぎても若い姿を保っているユノにそろそろマイアがイラつき始めたようです。
トリによって結構日数差があるんですねー。
マイアになんと言われようがユノにはもう少しこのまま頑張っていただきたい。
白タヌキ柄女子がこの子で最後だからさみしいのよ。
そしてこの柄って……シワが目立つ……
タレ目っぽく見えるところが好きなんだがなぁ


【2011.10.10】初対面
2011y10m10d_171849206.jpg
ラトナ (ふぅーん、あれが僕の再従妹かー……)

ラトナさんが生まれたばかりのふたごに興味を示したようです。
多分グィママは鉄壁ガード。
お嫁に来たばかりの頃、ラトナに散々からかわれた経験を持つため
警戒が強くなっているようです。

* * *

ラトナとふたごは、丁度1ヶ月違い。
生後30日を超えたラトナは現在人間換算年齢6~7歳程度でしょうか。
年にしては大人びていて、高飛車、おまけに女装趣味まであるラトナは
親戚一同からは少々変人扱いされているようで……
(でも本人は全然気にしてない。むしろ面白がっている)

レオの子が生まれたら、ラトナとはどんな関係になるかなーと考えてたんですが、
思いがけず双子だったため、ちょっと方向転換を強いられてました。
お姉ちゃんのセレネは凛としてて正義感の強いタイプ。生徒会長やるみたいな……
ラトナに対しても、母親の影響受けてて、すごい警戒心は強いんだけど、どうにも
振り回されてしまうというか。ツンデレタイプですね。
妹のクロエは口数が極端にすくない、神秘的な女の子。
母親の才能を受け継いでいて、巫女さんのような役割についている。
ラトナに対しては基本無関心(←)だが、たまに鋭いつっこみをぼそりと呟く……らしいです。
女の子の双子は初めてなので色々と楽しみですねー!
これから色々絡ませて遊ぼう。

うちには現在、次女の家系と三女の家系が残ってますが、
三女の次男であるレオは長女のところに養子に出て王家を継いだ(という設定)ので、
ここが一番正統な血統かなーという。
次女のところは個性派、三女のところは穏健派、というイメージです。
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。